JR西日本

【JR西日本】2000年代後半頃の福知山線・東西線・学研都市線時刻表

こんにちは、midori80です。

先日、JR福知山線(宝塚線)・東西線・学研都市線の10年以上前のポケット時刻表が出てきました。

どの改正日以降のダイヤか明記されていませんでしたが、運行列車を見る限り2007年以前のものです。

全てを見ることはできませんが、現在と比較して気になったポイントをご紹介していきたいと思います。

現在はなくなった特急列車

画像は裏辺研究所様より拝借http://www.uraken.net/railstation/ressha/ltdexp_kitakinki.html

2011年3月12日のダイヤ改正でJR西日本の特急列車の再編が行われ、多くの列車が消滅しました。

この時刻表はそれ以前のダイヤのものなので、現在では廃止された愛称の特急列車も見受けられます。

上記画像は特急列車専用の時刻表欄です。

JR福知山線では「北近畿」が「こうのとり」に愛称変更され、「文殊」「タンゴエクスプローラー」が廃止されました。

「文殊」と「タンゴエクスプローラー」はどちらも北近畿タンゴ鉄道線(現・京都丹後鉄道)に乗り入れていましたが、この2列車の廃止で大阪方面から宮津・天橋立方面に直通する定期特急はなくなっています。

時刻表には京都から福知山方面への特急も掲載されていましたが、「たんば」が「きのさき」に統合され廃止、「タンゴディスカバリー」が「まいづる」「はしだて」に統合され廃止されています。

日中ダイヤにおける東西線・学研都市線直通の快速が宝塚始発だった

現在日中ダイヤにおいて東西線・学研都市線~福知山線間で運転されている速達種別は塚口始発の区間快速となっていますが、当時は宝塚始発で快速として毎時4本運転されていました。

宝塚~尼崎間における日中の快速系統の本数は丹波路快速と合わせて6本でした。

一部特急の市島・石生停車

当時は朝夕に一部の特急が市島石生に停車していました。

市島、黒井、石生、柏原、谷川と5駅連続で停車する便もありました。

2011年3月12日のダイヤ改正で、市島と石生への特急停車は取り止めとなっています。

同改正で山陰本線特急についても、一部列車が停車していた和知胡麻が停車駅から除外されました。

JR西日本の特急は他線でも大津京(湖西線)、鳳(阪和線)など、かつては停車していたが除外された駅がいくつかありますね。

特急まいづるの多客期小浜線直通

福知山線ではありませんが、掲載されていたのでご紹介します。

京都~東舞鶴間で運転されている特急「まいづる」は、小浜線全線電化完了の2003年~2007年まで夏休みシーズンに小浜線に直通し小浜まで延長運転されていました。

東舞鶴~小浜間では、若狭高浜・若狭和田(7月16~8月17日のみ)・若狭本郷に停車していました。

2008年以降は運転されていないようです。

沿線の海水浴客輸送を見込んだものと思われますが、利用者は伸びなかったのでしょうかね。

終わりに

10年も経つとやはりダイヤには様々な変化が見受けられますね。

過去の時刻表を見るのは個人的に楽しいです。

今回は以上となります。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
midori
関西在住の鉄道・旅行好きです。 YouTubeで主に鉄道動画を投稿しています。
YouTube