阪急

【阪急京都線】特急通過駅の中で乗降客数が多い駅TOP5

こんにちは、midori80です。

今回は阪急京都線の代表的な種別である特急の停車駅を除くと、どの駅の乗降客数が多いのかという観点で記事を書いていこうと思います。

乗降客数のデータは阪急公式サイトの2019年駅別乗降人員を元にしています。

目次を開くとネタバレになるのでご注意ください。

↓↓

5位:大宮駅

L26 – 投稿者自身による作品 CC 表示-継承 4.0
大宮駅 通年平均乗降人員数 26,448人/日
第5位は大宮駅(京都市中京区)です。
かつては阪急京都線の終点であり長らく特急停車駅でしたが、2001年以降は通過駅となっています。
平日朝夕に運転される通勤特急は停車します。
駅周辺は繁華街が形成されており、かつてほどではないものの賑わいがあるエリアとなっています。
交通結節点としての機能も強く、嵐山・北野白梅町方面へ向かう京福電車の四条大宮駅が近くにある他、駅前の四条大宮バス停からは各地へ向かうバスが運行されています。

4位:南方駅

Rsa – 投稿者自身による作品 CC 表示-継承 3.0
南方駅 通年平均乗降人員数 36,578人/日
第4位は南方駅(大阪市淀川区)です。
当駅には優等列車のうち準急と快速が停車します。
駅北に位置する新大阪駅から当駅付近まで市街地が連続しており、駅周辺は終日賑わっています。
大阪メトロ御堂筋線の西中島南方駅が近くにあり、乗り換え需要も高い駅です。

3位:西院駅

Fusianasan1350 – 投稿者自身による作品 CC 表示-継承 4.0
西院駅 通年平均乗降人員数 40,522人/日
第3位は西院駅(京都市右京区)です。
当駅は平日朝夕運転の通勤特急は停車するものの特急は通過します。
かつては隣の大宮駅より乗降客数が少なかったですが、現在では逆転しています。
大宮駅同様に駅周辺には繁華街が形成されています。
京福電車の西院駅が近くにあり、付近の西大路四条バス停からは各地へのバスも発着するため交通の要衝にもなっています。

2位:南茨木駅

Rsa – 投稿者自身による作品 CC 表示-継承 3.0
南茨木駅 通年平均乗降人員数 40,604人/日
第2位は南茨木駅(大阪府茨木市)です。
西院駅との差はごく僅かだったので年度や日付によっては逆転している可能性もあります。
当駅には優等列車のうち準急と快速が停車します。
大阪モノレールの南茨木駅と隣接しており、乗り換え需要が高い駅となっています。

1位:上新庄駅

計記録 – 投稿者自身による作品 CC 表示-継承 3.0
上新庄駅 通年平均乗降人員数 47,593人/日
第1位は上新庄駅(大阪市東淀川区)です。
当駅には優等列車のうち準急と快速が停車します。
乗降客数では特急が停車する隣の淡路駅より多く、阪急全線中でも10位と非常に賑わっている駅です。
駅周辺は繁華街が形成されており、淡路駅と並んで東淀川区の中心駅の一つとなっています。

特急停車駅の乗降客数

なお阪急京都線特急停車駅の通年平均乗降客数は次のようになっています(大阪梅田駅と十三駅は神戸線・宝塚線の利用者も含む)。

大阪梅田駅 512,887人/日
十三駅 68,706人/日
淡路駅 36,866人/日
茨木市駅 57,191人/日
高槻市駅 57,928人/日
長岡天神駅 25,071人/日
桂駅 45,103人/日
烏丸駅 82,325人/日
京都河原町駅 78,595人/日

まとめ

阪急京都線の特急通過駅のうち乗降客数が多い順に並べると次のようになります。

1位:上新庄駅(47,593人/日)
2位:南茨木駅(40,604人/日)
3位:西院駅(40,522人/日)
4位:南方駅(36,578人/日)
5位:大宮駅(26,448人/日)

阪急京都線には特急通過駅ながら特急停車駅の一部より乗降客数が多い駅はいくつかありますね。

特に上新庄駅は特急停車駅のうち淡路駅・長岡天神駅・桂駅と3駅よりも乗降客数が多という点は調べていて意外でした。

ただ、

  • 日中の停車本数が12本あり、長岡天神駅や桂駅(京都線のみ)と同じ本数が確保されている。
  • 隣に千里線との乗換駅&特急停車駅である淡路駅がある。
  • 大阪中心部に近い上、京都方面より大阪方面の方が需要が高いエリアである。

こういった事情から快速急行以上の停車はなされていないと思われます。

今回は以上です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

[temp id=5]

ABOUT ME
midori
関西在住の鉄道・旅行好きです。 YouTubeで主に鉄道動画を投稿しています。
YouTube